クリスマス発表会

怪獣のクリスマス発表会。

 

昨年は皆の演技を邪魔するほどの大声で

 

初めから最後まで泣き通し。

 

 

お陰様で他のお母さんから

 

「まーくん!」

 

と、しっかりおぼえていただきました。

 

 

今年はそんなことがないようにと

 

母は観客席の最後部から見守りました。

 

 

舞台で泣く

 

衣装を着ない

 

何もしない

 

無表情

 

 

この3つだけは避けられればなー。

 

なんて今年はすこーしだけ期待して。

 

 

前半に合奏。

 

怪獣はすず。

 

幕が開いて斜め45度に体が曲がっていて無表情。

 

 

 

 

一切何もせず斜めに曲がった体だけを

 

ようやく真っ直ぐに起こして

 

ちーーーん・・・。

 

 

 

 

終了

 

 

 

 

母は口が開いたまま閉じることができませんでした。

 

終わってからお姉ちゃんと大笑い。

 

我が子がこんな姿で終わるとは・・・。

 

 

少し時間をおいて後半

 

はらぺこあおむしの劇。

 

 

 

 

ニコニコ。

 

ニタニタ。

 

エヘヘへ。

 

 

 

幕が閉じる前に衣装を脱ぎ始めて

 

勝手に終了。

 

 

 

 

 

お姉ちゃんは卒園の年のクリスマス発表会では

 

主役をやったんだけどね。

 

同じ兄弟といえどここまで違うのね。と

 

母は勉強になりました。

 

 

 

どの学年の演技をみても

 

必ずどの学年にも1人は

 

何もしない、棒立ちの子供っているんだよね。

 

 

それからお母さんを見つけて

 

笑顔で手を振りながら余裕の演技の子。

 

 

頑張りすぎて舞台から落ちそうになる子。

 

 

めちゃ、まじめに先生の教え通り守る子。

 

 

自己流の子。

 

 

特に学年が小さいと顕著に現れるのがまた見所なのだよね。

 

 

 

 

お姉ちゃんの時はあらあら。あの子何もしないで・・・。

 

って思っていたんだけど。

 

まさか怪獣がこうなるとはね。

 

 

今年もたくさんのお母さんから

 

声をかけていただきました。

 

「まーくん、マッチ棒だったねー。」

 

 

 

マッチ棒?

 

ママの髪型もマッチ棒になったしねー笑

 

パーマリンク | クリスマス発表会 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。