カメラ

今度の大旅行に向けて

こどもたちにカメラを1台ずつ。

 

 

防水で衝撃にも強い。

だから怪獣が落としても

あまねが水に落としても大丈夫。

 

私が前回インドへいったとき

久しぶりに異国の地へ来た。

と実感。

 

子供達にとっても

きっと異国感たっぷりなはず。

 

肌の色の違い

服装の違い

見たことのない風景

食べたことのない食事

 

それを全部カメラにおさえられたらいいよね。

 

今からカメラに慣れて

いざというときに使いこなせるように。

 

ある日の怪獣のデータ。

 

 

びっくりなことに

普段ぜったいに笑わない人が笑ってる。

 

じいちゃん、ほんと珍しいね。

怪獣がカメラを向けると

笑わない人が笑う。

これって怪獣の持って生まれたカメラの腕前。

 

ついでにカメラが嫌いな私も笑ってる。

 

 

いつも私が皆にカメラを向けてとっているので

自分の姿はほとんど写ることがないのだよね。

 

だからアルバムをみると

「ママがいない!」

ってあまねが悲しがっていたんだけど。

 

これからはそんなこともなくなるかもしれないね。

 

そのあまねのカメラの中身は

まだまだ撮りたいものが見つからず

一向に増えない。

 

その代わりに

カメラが送られて来た外箱の段ボールで

毎日飽きずに遊んでいます。

 

 

パーマリンク | カメラ はコメントを受け付けていません。

コーンフレーク

日曜日の朝だけ。

日曜日だけは子供達にお願いして

朝寝坊をさせてもらっています。

 

朝8時まではママを起こさない。

 

普段、朝6時には自然と目を覚ます子供達。

それが休みの日になると決まって

6時より早く起きて活動開始。

 

ママがいない自由な朝の時間。

あまねはほとんどスプラトゥーンをやり

怪獣は指をチューチューしながら

お姉ちゃんの応援。

 

たまに怪獣はうんちががまんできなくて

ママを起こしにきてしまうけどね。

 

自分たちだけでお着替えをして

パジャマをたたんで。

 

8時きっかりになると

「ママ、おなかすいたー」

と、いって起こしにやってきます。

 

それが先日の日曜日。

あーーよく寝た!と時計をみると9時。

やばい!!寝坊だ!!!

と、急いでリビングへ行くと

あまねがキッチンで皿洗い。

 

「どうした?」

「ママ、おはよう。マサチカとご飯、先に食べたからね。

ママの分はテーブルの上ね」

 

と、テーブルを見ると・・・。

 

 

ふにゃふにゃにふやけたコーンフレーク。

 

まだ火を使っちゃダメ。

という教えをしっかりと守って、

それでいて何か食べられるものを探したのだろう。

 

怪獣の分も用意してくれて

ママの分もしっかり牛乳を入れて用意してくれて。

後片付けまでしっかりできて。

 

大きくなったなー。と

子供の成長に浸りながら

コーンフレークを食べていると

怪獣が

 

「ママ、ちょっとちょうだい。」

って、結局私のコーンフレークをほとんど食べてしまった。

 

多分ねお姉ちゃんから言われたんだよ。

 

「そんなに食べるとお腹壊すからね。

これだけにしておきなさい。」

 

って、ママの口癖のように。

 

パーマリンク | コーンフレーク はコメントを受け付けていません。

ブックデザイン

日曜日、こどもたちの読書のために

市の図書館へいってきました。

 

怪獣は昆虫の本しか借りないし。

あまねは動物の本しか借りないし。

 

なんでもいいとおもうんだけど

今からそんなに偏ってるの?

と、母はなんとか他の本へ

興味を持ってもらうため

色々な本へ誘います。

 

そして昨日たまたま。

 

「あれ?この本・・・。

もしかして・・・。」

 

 

 

 

私がまだ20代の頃

四谷の荒木町で

グラフィックデザイナーを

やっていた頃。

 

ガーデニングがその頃の趣味で

母と一緒によくお庭をいじっていて。

 

この仕事やりたいなー。

楽しそうだなー。って

社内コンペで初めて勝ち取った

私のデビュー作みたいなお仕事でした。

 

装丁デザインから、

中の紙面デザイン、制作まで

全て一人で初めて任された本でした。

 

この本は図書館本といって、

一般の本屋さんには並ばない本。

図書館専門に作られた本。

 

刷り上がった本は手に取らせてもらって

1冊ずついただきましたが

実際図書館に並んでいるところは

初めてみました。

 

もう15年も前のことなので

私がデザイン制作した本なんて

もうなくなってるんだろうと思っていたから

本当に嬉しくて懐かしくて。

 

思わず子供達を呼んで

「これママがデザインした本だよ」

って。

 

でもあまりピンときてないみたいで。

ママがデザインしたということが

イマイチよくわかっていないみたいで。

 

それから家に帰って

確か自分の作品ファイルに

残しておいたと思うんだけど・・・。

 

と本棚を探していたら

ありました。

 

 

懐かしい。

これも子供達に見せて

やっと興味をもってくれたというか

色々質問してくれて

やっと理解してくれた感じでした。

 

また図書館行って

ママがデザインした本を探しに行こう!

と、あまねは提案してくれました。

 

今までこんなことは思ったことないんだけど、

本のデザインを経験できてよかったな。って。

 

大袈裟だけど後世に残り、読み継がれるんだな。

と、初めてそれに気がつきました。

 

パーマリンク | ブックデザイン はコメントを受け付けていません。

夏休みの宿題

必ずやらなければいけない夏休みの宿題の中に

野菜の観察があります。

 

普通だったら苗の様子をかくのだろう。

と、母は予想していましたが

なんせ家で仕事をする母の近くに

娘がいるとうるさくて仕事がはかどらない。

 

ということで

ミニトマトを縦に切ったところ。

横に切ったところの断面を絵に描き

さらにトマトの種を全てとりだし

何個あるか数えなさい。

 

という課題をだしました。

 

これで午前中は静かにしてるだろう・・・。予想です。

 

 

細かい作業がわりと好きなあまねには

かなり集中できたようです。

 

関心するほど静か!

こんなにおしゃべりをしなくても平気な生き物だったのね。

と、母は見直しました。

 

 

自由研究、これでいいんじゃない?

 

きゅうりとか、ピーマンとか。

種の数を数えていたら静かだもんね。

 

 

カタツムリの自由研究は終了。

生き物を扱うルールとして

毎日きちんとお世話をすること。

これを3日さぼったので

母はいけません。といいました。

 

犬をいつか飼いたい。

というあまね。

 

その練習として一番最初に金魚。

次にカタツムリ。

 

もし、あまねに母が3日間ご飯を作ってあげなかったら

どうなるか考えなさい。

 

生き物とはどんなことがあっても

放置してはいけない。

 

これを理解してもらわないと

犬を飼うことはできないよね。

 

もらったカタツムリは

お姉ちゃんのところへ返しに行きました。

 

これを機会に

生き物についてもう少し

考えてくれると嬉しい。

 

ちなみにミニトマトの種は95個でした。

パーマリンク | 夏休みの宿題 はコメントを受け付けていません。

自由研究1

夏休みに入り、宿題をせっせと片付けるあまね。

自由研究はやっても、やらなくても

どちらでもいい宿題。

 

昨年は絵画コンクールをたくさん提出したので

自由研究はやりませんでした。

 

今年、絵画コンクールもたくさんやりたい。

自由研究もやってみたい。

と、いうことで・・・。

 

色々話をしながら

彼女の中の不思議に思っていること。

日常生活でなんで?って思っていること

たくさんあがりました。

 

なんで星がみえるの?

なんで月はおちてこないの?

なんでママは女なの?

なんでなんでママはこわいの?

ママはいつ死ぬの?

 

・・・。

 

どれもとても難しい疑問でした。

 

そこで

「何かを毎日観察してみない?」

という私の提案に

「金魚の観察か

お隣のお姉ちゃんからカタツムリをもらって

毎日観察したい。」

ということで、

カタツムリをいただいてきました。

 

 

全部で4匹。

母的には

気持ちが悪くてみていたくない。

同じ空間にいたくない。

という差別的な偏見で

観察には協力を惜しまないが

日常のお世話と

同じ空間に設置するのだけは

避けてもらいたいと懇願しました。

 

カタツムリの何を観察するか。

 

カタツムリの一番の好物はなんだ?

・きゅうり

・レタス

・卵の殻

・とうふ

・桃

・にんじん

 

などなどを同じ時間与えて

食べ物の重さを与える前と

与えた後を計量して

一番食べた食べ物が好物になるのでは・・・。

 

という研究です。

 

が、3日たって

きゅうりを与えたのですが

うんちは白い。

 

と、いうことは土代わりにいれている

キッチンペーパーを

毎日コツコツと召し上がっているようです。

 

実験失敗??

 

続く。

パーマリンク | 自由研究1 はコメントを受け付けていません。

夏休み

小学校は今日から夏休みです。

 

在宅で仕事している私のすぐ目の前に

これから毎日毎日

ひどい暑さとともに長女が行ったり来たりするのを想像すると

それだけでもドッと疲れる・・・。

 

いくら宿題を早く終わらせる!

っていう目標を持っていても

続く集中力は1時間がいいところ。

 

 

11時半を過ぎると

ママ、お腹すいた。

 

3時きっかりに

ママ、おやつ。

 

 

 

学校が休みなので

仕方ないのだけど。

 

気軽に遊ぶお友達が

近くにいないのも

かわいそうなのだけど。

 

それにしても

1日目にして

うるさい。

 

仕事がはかどらない。

 

これが1ヶ月以上続くと想像すると

何か対策を考えなくては・・・。

 

対策を考えるよりも

あまねと何かを楽しむ方を

優先したほうがいいのかな。

 

んー。

どうしたらいいんだろう。

パーマリンク | 夏休み はコメントを受け付けていません。

4歳

怪獣が6月で4歳になりました。

 

 

 

 

 

なんとなく最近大人びて来て

手がかからなくなったのと、

へーそんなことするんだ。

って関心することが多くなりました。

 

ちょっとやそっとのことでは

泣かなくなった。

 

お姉ちゃんの時は

4歳にもなると憎まれ口をたたいたり

女同士の戦い的な。

同性だからこそ許せないところ。

みたいのがあったのだけど

怪獣にはそれがまったくない。

 

だから色々な人生の先輩方からは

男の子はいつまでたってもかわいいよ。

って、よくいわれてたのだけど

それがなんとなく、ちょっとだけ

もしかしたらこういうことを言っているのかな?

と感じるようになりました。

 

 

 

一番変わったな。と思うところ。

人と人とのかかわりが出来てきたところ。

 

今まではお友達は近くにいるけど

あまり交わる遊びをしなかったのが

お友達を誘う。

会話が成立する。

1つのことを皆でやろうとする。

 

そんな行動が見られるようになりました。

 

それから私に対してもちょっと変化が。

質問が多くなった。

私を気遣うようになった。

未来のことを確認するようになった。

自分の言ったことに最後までやろうとするようになった。

 

 

 

一番嬉しいのは私を気遣ってくれること。

 

「ママこれでいい?」

「痛い?」

「嬉しい?」

「ママこうしたほうがかわいいよ」

 

お姉ちゃんは言葉に出さずに

そっと行動で私を気遣ってくれる。

 

怪獣はことばにだして

気遣ってくれる。

 

二人とも立派!

 

 

↑この写真は髪型を怪獣が提案してくれているところ。

「こういうふうにしたほうがかわいいんだよ。」

って、私の髪の毛をひっぱったりくるくるしたり。

 

時にはテレビを見ている私のひざに

ちょこんと座って私の髪の毛を触ってギシギシ・・・。

まるで誰かさんみたい(笑)

どこで覚えたんだろうね??

 

 

 

見ているとほんと面白い。

自分のお気に入りのおもちゃを

部屋いっぱいにながーく並べて

それを端から1つずつ気のすむまで順番に遊ぶ。

 

ほとんど仮面ライダーなんだけどね・・・。

 

お姉ちゃんはおもちゃでほとんど遊ばなかった。

おもちゃを買うとおもちゃが入っている箱で遊ぶ。

それが終わると私と一緒に遊ぼうという。

 

だから怪獣もそうなんだろう。とおもって

おもちゃなんてほとんど買い与えなかったんだけど

以外や以外。

与えるとお腹が空くまで集中して遊ぶ。

 

 

なんと手のかからない子でしょう。

 

 

 

 

やっと子供達との生活を楽しめる余裕がでてきた。

以前は毎日がやっとで、

今日も無事終わった。って思ってたのだけど

今は子供達と何しようかな。

何をしたら喜ぶかな。

って考えるようになったし

それが行動できるようになった。

 

4歳と8歳。

まだまだ一緒に居られる時間は長いと思うけど

あっという間なんだろうね。

 

後悔しないように今を楽しまないとね。

パーマリンク | 4歳 はコメントを受け付けていません。

短冊

今年もあと少しで七夕です。

昨年の「短冊」はこちら

 

毎年、保育園へ提出する短冊。

不思議なことに毎年叶ってる。

 

去年の願い事はドラえもん以外

全部叶いそう。

叶いそうだけど、まだまだ具体的じゃない。

具体的に話を進めたいんだけど、

もう少し時間と気持ちの進展が必要かな。

引き続き去年の願い事も今年の願い事に追加!(笑)

 

今年はまたみんなで考えました。

 

っふと浮かんだ願い事。

本当に叶えたいかな?

本当にがんばったら叶えられるかな?

本当に自分が望んでいることかな?

 

って、いろいろあまねと考えながら

あーでもない。

こーでもない。

 

って、決めたあまね。

 

「何になりたい?」

「どんな風になりたい?」

「何がしたい?」

っていうのを短冊にかくんだよ。

と教えると一瞬にして決めた怪獣。

 

母は夜な夜な3日ほどかけて

考えて考えて考え抜きました。

 

毎年叶っちゃうから

割貝家の七夕は最重要行事になるのです。

 

そして今年できた短冊。

 

 

 

去年とかぶった怪獣。

現実的なあまね。

あやふやなママ。

 

どれも1年では叶いそうにない

人生の願い事になったかな・・・。

 

裏面の願い事なら叶うだろう!

 

 

パーマリンク | 短冊 はコメントを受け付けていません。

コレクター


 

 

 

★First time

千葉市動物公園でガチャガチャを発見。

当時そんなにガチャガチャの経験がない怪獣は

カエルのガチャガチャができたことが

とてもとても嬉しそうでした。

 

ゲットしてからはずっと手に握りしめ

トイレに行くのにもずっと。

それが青のカエル200円でした。

 

 

★Second time

青のカエルをゲットしたその日の夜。

手に握りしめていたはずの青のカエルが

どこかへ消えてしまい。

なくなっちゃった。と半泣き。

その悲しげな瞳に大人は財布を緩め・・・。

もう100円プラスして

300円のカエルのガチャガチャを。

それが緑のカラフルなカエル。

 

家に戻ってから上着のポケットを母がみたら

ちゃんと青のカエルはいたのだけどね・・・。

いやいや。

あんた、ポケットに手、ずっと突っ込んでたよね。

なくなったなんて、そんな嘘・・・。

って一言いいたかったけどね。

 

二つのカエルをゲットした怪獣は

今度いたずらに走りました。

 

じーちゃんの湯飲み茶碗の中へカエルを入れてみたり。

ばーちゃんの洋服の中へカエルを入れてみたり。

 

みんなキャーキャー言っちゃうもんだから

楽しくて楽しくて。

「カエルって楽し〜」ってこの時、

怪獣は思ったろうね。

 

 

★Third time

鴨川シーワールドへ行ったんだよ。

子供達が寂しくないように、

楽しく過ごせるように、

シャチやシロイルカのぬいぐるみをたくさん

お土産にもたせてくれたのに。

 

「1つだけね」

 

っていったらどこからか

でかいカエルを手に持ってきたさ・・・。

 

なんでカエルなんだよ。

鴨川シーワールドはシャチかイルカでしょ・・・。

しかもでかいし・・・。

 

それが一番でかい

1000円以上したカエルでした。

 

 

★The Fourth

ガチャガチャは日本の文化なんだね。

成田空港に行くとガチャガチャが一杯並んでる。

初めて日本を訪れた外国人はきっと

これなんだろう?って思うと思う。

 

でもね怪獣はガチャガチャって知ってるからね。

母は「今日はやらないよ」って釘さしたよね。

 

なのにやりたくて仕方ない

ウルウルした瞳に大人は反応するわけだよ。

「ママはいいっていったの?」

 

って、おいおい。

私に振らないでよ・・・。

 

「うん。いいって言った。」

って私の目をしっかり見て

怪獣は大嘘をつきました。

 

そして財布の口が開きました。

400円なり。

それが土色の変な形のカエルでした。

 

 

 

 

 

はい。

よくここまでコレクションしました。

1本カエルという筋が通っているところは

母は良いところだと思います。

でもね気持ちが悪いのでもうやめて。

 

金魚もびっくりして

1箇所から出てこれず。

 

 

 

 

大事な金魚を母がしたいたずらに

あまねが怒って

カエルを床に投げつけていました。

無言で(笑)

 

パーマリンク | コレクター はコメントを受け付けていません。

自転車2

自転車の前回の記事はこちら↓

https://www.eco-pla.com/blog/archives/2240.html

 

 

2週続けての自転車特訓になりました。

今回はばあちゃんも一緒に。

 

人がやっているのをみると自分もやってみたくなるのは

何歳になってもかわらない。

 

 

それはそれは楽しそうに

爽快のようでした。

 

今回はちょっと距離をのばして

公園の長いゆるやかな下り坂を使っての練習。

 

練習コースにしたほとんどを自転車で移動。

1箇所だけ手で10メートルほど押すだけ。

 

これならすぐに疲れるだろう・・・

と母は予想していました。が・・・。

 

そのコースを一緒に来いと言う。

僕が自転車で走るから後ろから走ってついて来い。

という怪獣。

 

想定外に体力を消耗しましたとさ。

 

途中、怪獣は

植木に突っ込むハプニングがありましたが。

来週あたりにはペダルをこげそうなおねえちゃん。

 

怪獣ももう乗れそうだけど

まーこのまま続けてればいいかな。

 

この練習のあともう疲れ切った母は

怪獣と一緒にお昼寝をして

怪獣が起きても起きることができず

3時間、昏睡しておりましたとさ。

パーマリンク | 自転車2 はコメントを受け付けていません。