深遠をさらに精製した「命の水」

深遠をさらに精製した「命の水」。

 

こうさん花 花盛り223号で初めて紹介されました。

陶板浴笑みなさんでモニター募集され

そのモニターの皆さんの感想が載っていますので

ぜひ、ご覧ください。

 

「命の水」の正体はこちら↓

 

 

見た目はただの水です。

 

この水を吸入器を使って

血液中に酸素とともに取り込み、

肺から全身に送り込みます。

 

 

こんな感じです↓

 

 

 

先日、息子4歳が風邪をひきました。

今回は熱が出ることもなく全体的に軽い症状でしたが、咳だけはひどく病院で処方された薬もあまり効かず、夜中咳で目が覚めピーク時は咳が止まらず一晩眠れないことがありました。

 

そんな時に母から、この命の水のことを聞き

ちょっと試しにやってみようということになり・・・。

 

やはり吸入した1日はとても楽なようです。

お昼寝の時も、夜中も、もちろん日中も咳がでることはほとんどありませんでした。

 

それで私は「あ、治ったね」と、思ってその1日で吸引を終えてしまった。

 

気がつくとまた咳き込んでいて、母が見かねてもう一度吸引してくれ、やっぱりその1日は楽みたいです。

 

息子は生まれてからずっと冬になると風邪をひき

それをきっかけに喘息につながります。

毎年毎年、胸の音がよくない。

この音だと本人は相当苦しいはず。

と、お医者産から言われ続けてきました。

 

でも本人に聞くと

全然苦しくない。

って答えるので、これが普通なのかな?

と、思ってしまう。

母親の私も何が何だか、経験がないのでわかりませんでした。

 

毎年冬は発作を起こさないように

事前に処方された薬を飲んで予防していました。

やはり薬は体内に入れるものなので、副作用が気になり、すごく嫌だった。

元気なのに薬を飲む必要ってあるのか。ずっと疑問でした。

 

今年はこの吸入をきっかけに、元気に乗り越えてくれるといいです。

 

笑みなさんのモニターでもあったように、症状が悪い時は継続した方がいいみたいですね。

 

吸入器は5ミクロン以下がいい。

ということで我が家では

amazonで

ネプライザー吸入器超音波ポータブル

8,170円

日本語説明書あり。

を購入しました。

 

 

 

パーマリンク | 深遠をさらに精製した「命の水」 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。