夏休みが終わる。

コロナウィルスの感染拡大がものすごい勢いですね。

連日千葉県は千人を超える感染者。

毎日です。

 

そして病床の逼迫。

PCR検査も受けたい時に受けられない現実。

緊急事態宣言という名の具体策のない無策な政治。

日本において空気感染の危機感もない。

 

小学校の夏休みが8/31で終わります。

こんな中で学校に通わせることは

ただただ感染するのを指くわえて待っているようなものだと

個人的には思っています。

 

クラスターが発生しないと

学級閉鎖、学校閉鎖にならないなんておかしい。

 

だれかが感染して重症化したら

医療を受けられる保証も今はない。

 

デルタ株の感染率からすれば

学校開始前に予防させるべき。

 

タブレット配布されているのに

オンライン授業を進めようとしない。

このタブレットはいつ使うんだ?

 

こども一人感染すれば

家族もおそらく感染する猛威です。

そうなったら仕事どころではない。

だったら今学校へ通わせる前に

仕事を休んででも感染を抑えなくちゃ。

と、思うんです。

 

うちは母子家庭です。

まーくんは喘息持ち。

誰一人として感染するわけにはいかない。

 

必死に働いて税金納めてるのに

病院へ行ける保証も生活の保証もない。

約束が違うじゃないか!

といいたい。

 

経済を回しながら。

という政府の言うことを聞いていたら

命の保証はない。

 

例えばこのまま人の動きを止めない。

としたら、感染者数が減る要素って

どこにあるんだろう?

 

策をうたなければ

感染者は減ることがないと思うのだけど。

 

例えばこどもが感染して重症化して

入れる病院がなく自宅で死んだら。

後悔しますよね?

今ってそういう現実ですよね?

 

学校が休校しなければ

自主的に休ませます。

ずっと迷っていましたが、

このブログかきながら答えが見えてきました。

 

オンライン授業をやってくれないのなら

私が子供たちに授業します。

 

なんの策もない世の中において

子供達を守れる最後の手段は

親です。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーマリンク | 夏休みが終わる。 はコメントを受け付けていません

young と old

こんにちは。

 

先日あまね(11歳)と

手の大きさ比べをしたら

ママより大きくなっていて

なぜかわからないけど

ウルッときたまゆみです。

 

先日のこと。

週1で英会話に通うまー君。

今は色々な形容詞を習っています。

beautiful とか happy とか。

 

その中で

young と old がでてきました。

どういう意味かわかる?

と、聞くと首をかしげるまー君。

 

たとえばね。

まー君はyoung。

お姉ちゃんはまー君よりold。

 

お姉ちゃんはばあちゃんよりyoung。

ばあちゃんはお姉ちゃんよりもold。

 

うんうん。

と首をたてにふるまー君。

よし。理解できたな。

 

じゃーママはまー君より?

 

 

太っている。

 

 

 

ちーーーん。

いや。あってるけどさー。

今youngとoldやってるんだよ。

 

 

と、まーこんな感じで。

楽しいね。

7歳って。

 

 

 

 

 

 

 

 

パーマリンク | young と old はコメントを受け付けていません

はじめてのテストは何点だった?

こんにちは。

今日から小学生は夏休み。

昨年まで保育園だった下の子も1年生になり、

今年は42日間3人の生活です。

大変大変、心配でございます・・・。

 

昨日夏休み前で

色々配布物があり

テストも一緒に

返却されてきました。

 

まーくん、初めてのテスト。

本人はそれがテストなんて

自覚すらありませんけどね。

 

国語ほぼ100点。

算数ほぼ0点。

 

0点。0点!。0点!?。0点??

 

私人生で初めて

テストの0点というのを

見ました。

 

点数が書いていないんですね。

0点とかかないんです。

「点数なし」なんですね。

 

だから最初に見た時は

あれ?なんで点数がないんだろう??

と、不思議に思いました。

 

先生もテスト慣れしていないし。

0点と書いて傷つけたくないし。

と、言うことだと思うんですが。

間違いなく0点でした(笑)

 

 

ただね、答案用紙を見ると

全部できている。

と、いうのは・・・

 

数の分だけ○を塗りつぶしましょう。

という問題に対して

○に数字を書いていたり。

 

5は2といくつですか?

という問題に対して

足し算をして7と答えていたり。

 

文章問題で引き算をしなくてはいけないのに

先生が足し算でいいよ。

と、いったらしいので

問題を無視して

全部足し算で答えてみたり。

 

回答欄に答えが書いていなくて

空いている好きなところに答えを書いてみたり。

 

知らない。

慣れていない。

ってすごいです。

大人はどれだけ頭が凝り固まっているかを

思い知らされました。

 

自由でピュア。

なんですね。

それは違うところで発揮してもらって。

 

問題をよく読めばできるはずだし

国語はできているのに

なんで算数の問題を理解していない?

と不思議だらけなんですが・・・。

 

とても気遣いのできる、優しい子。

0点ばかりに注目するのではなく

いいところに注目してあげなくては。

 

ただバカじゃないと思うので

できることはきちんとサポートしてあげなくちゃね。

 

さてさて夏休みでどこまで

サポートしてあげられるかな。

 

がんばろっと!

パーマリンク | はじめてのテストは何点だった? はコメントを受け付けていません

七夕

毎年七夕のブログをかいていますが

今年で何年めかな・・・?

 

昨年の七夕はこちら

 

今年はまーくんが保育園を卒園したので

とくに短冊が配られることもなく

七夕だということを

忘れてしまいそうな環境になりました。

 

小学校では自校給食で

七夕料理が振る舞われ、

うちは皆でやっぱり短冊をかこおう!

と、いうことになり。

 

 

 

 

じゃじゃ〜〜〜ん!!

 

一部モザイクで失礼しまーす。

 

昨年も見たような願い事が(笑)

かわらないんですね。

私たち家族にとって

この願い事は幸せを象徴する。

 

どれか1つでも叶うといいね。

 

 

七夕の飾りってそういえばいつ飾る?

皆さんは知っていますか?

 

七夕飾りはいつ飾るのがいいの?
七夕飾りに似たものでは、お正月飾りがありますが、「縁起が悪いから”一夜飾り”は避けて」とよく聞きますよね。七夕飾りはその逆で、言い伝えでは7月6日の夕方から夜に飾るのが基本とされているようです。

 

なぜ七夕飾りは前夜に飾るのが基本なの?
その昔、“1日の始まりは日没”でした。それを基準にすると、7月6日の夜が七夕の当日に。そのため、神様をきちんとお迎えできるよう、6日の夜までに飾りつけを終えるのがいいとされていたようです。

 

ちなみに片付けは“いつ”がいいの?
その昔、7月6日の夜を7月7日としていたころは、7日の朝には七夕飾りを片づけて海や川に流していたとか。でも、現代の1日の始まりは0時。当時のしきたりを今の時間軸に置き換えると、7月7日の夕方までに飾り終え、7月8日に片づけをするのがいいと言えるでしょう。

 

 

だそうです。

焦ることなく、家族でその行事を楽しむ。

それに尽きると思います。

 

それにしても日本の行事って

したたかで素敵です。

 

最近では海外からの行事ごとが増えました。

クリスマスやハロウィン、イースター。

海外経由の行事ごとは

どうも派手で、経済を動かす

大人の罠。とでもいうのか。

 

本来の意味をわからずに

上っ面を楽しむだけの

闇営業に思えて仕方ないです。

 

日本文化を守ろう!

なんて大きなことはいえないですが

家族が集まり、願い事をかくために

あーだ、こーだ

ごちゃごちゃ会話をかわして

手作りで折り紙飾りを作ったり

母親の手作り料理を美味しいと食べる。

 

今年は平仮名をすらすらかけるようになったまーくん。

反抗期知らずのにこにこよくしゃべるあまね。

 

子供達の成長や個性を感じながら

お金をかけることなく

その時間を共有するって

でしゃばっていなくて素敵だなー。

 

パーマリンク | 七夕 はコメントを受け付けていません

1年生と5年生のトイレの入り方

新年度になってから

もう1ヶ月以上。

 

二人の成長っぷりは

毎日すさまじく。

 

毎日驚かされています。

 

驚く毎日の中でも

トイレの入り方には

二人とも急成長をみせています。

 

まず5年生のあまね。

どこで覚えてきたのか・・・。

 

トイレットペーパーが

終わりに近づくと

ほんのちょっとだけ残して

最後まで使わない。

 

絶対、意識的に

最後のちょっとを残している。

 

新しくペーパーをいれるのが

面倒なんだよね。

 

わかるけどさー・・・。

 

 

 

1年生のまーくんは

歌を歌いながら入るようになりました。

 

寝起きだろうがなんだろうが。

 

さらに学校から帰ってすぐのトイレは

爆音でひとり合唱です。

 

たまに唸り声が入るのが

面白いんですけどね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

二人ともがんばれ!

パーマリンク | 1年生と5年生のトイレの入り方 はコメントを受け付けていません

1年生と5年生

 

あっという間に卒園して

入学式が終わって

今日から登校。

 

 

 

私の思い過ぎなのかもしれないけど

なんだか心配で。

しっかりしていないわけではないけど

過保護になってしまう。

 

学校へ歩いて行くだけで

疲れてしまうんだろうけど

帰ってくるとマシンガントーク。

 

 

 

色々刺激されて

お友達も毎日増えて

目がキラキラしています。

 

あまねはもう高学年5年生に。

この前まで毎日放課後は

お友達と遊びに行っていたのに

急に遊びに行かなくなりました。

 

今年から毎年クラス替えがあるということで

お友達関係も敏感に変化しているのかな。

 

 

という、新年度をバタバタと迎えました。

春休み中は子供たち二人がいるなかでのお仕事だったので

あまり集中できず。

 

今日は久しぶりの1人の時間で

時間がすぎるのが遅いです。

午前中で帰ってくるので

午後はまたバタバタするんですけどね。

 

 

 

パーマリンク | 1年生と5年生 はコメントを受け付けていません

ハッピーバレンタイン

我が家では毎年恒例

ハッピーバレンタインデー。

 

ママからこどもたち二人へ

チョコのプレゼント。

 

バレンタインはまー君のほうが大きくて

あまねは小さい。

 

ホワイトデーはあまねが大きくて

まー君は小さい。

 

数年続いた

マトリョーシカシリーズ

ネタ切れして。

 

ネット通販で高額クーポンが使える

それとポイントがたまっている。

 

ただただそれだけの理由で

今年は選んで見た。

 

お支払いは・・・。

クーポンとポイントを使って

0円。

 

 

 

 

 

「リンツ」というチョコ。

これが意外と美味しくて。

絶妙な大きさ。

 

今年はバレンタインの前に

まー君がチョコを食べたいと。

ファミリーパックのチョコをおやつ用に購入してあった。

 

それからバレンタインの当日に

ばーちゃんからチョコのプレゼント。

 

あまねがお友達とチョコを食べたいと

これもファミリーパックで買ってあげてて。

食べずにそのままお持ち帰り。

 

今、我が家はちょこだらけ。

万年ダイエット中の私にはきつい環境です。

 

 

 

パーマリンク | ハッピーバレンタイン はコメントを受け付けていません

フライング

先日まー君のサンタさんへのお手紙を公開しました。

そして昨日あまねのお手紙ができあがりました。

 

 

さて、今年はどんなクリスマスになるかな。

と、母はワクワクしていましたが

今日、朝起きると5時過ぎに早起きしたまー君が

なにやら怒ってる・・・。

 

「プレゼントがない」

 

と、ベソかきながら母に訴えを。

楽しみで楽しみで仕方なかったのですね。

いつもはこの季節、6時半頃ゆっくり起きてくるのですが

今日は楽しみで日が昇る前に起床。

 

昨日の夜きちんと説明したのです。

「明日ではなくて、明日の次の日だからね」と。

 

まだ未就学児。

今日、明日、昨日の区別がどうやらまだ

きちんとついていないらしい・・・。

 

明日の朝は喜びが2倍になってるといいな。

パーマリンク | フライング はコメントを受け付けていません

城戸真亜子さんからのコメント

前回のブログであまね(10歳)が

絵画コンクールでシルバーをいただいたとかきましたが

本日も親バカ発揮させていただきます!!

 

今日学校で表彰式があり

コロナだったので放送で名前をよばれ

校長室で賞状をいただいたそうです。

これもすごいです。

色々副賞などを持ち帰ってきました。

 

すごいです。

 

賞状は額に入って

左側に描いた絵のレプリカ。

右側に直筆で書かれた賞状。

 

副賞の図書カード2万円

JTB旅行券3万円

合計5万円。

 

5万円 !!

画家になるってこういうことだよ。

自分が描いた絵を誰かが認めてくれたり

コンクールで賞をとったりして

生活していくお金を稼ぐ。というのが画家。

 

今までデザイナーや画家になりたい。

といっていたあまね。

表情がはっきりと変わりました。

ようやくどういうことなのか

現実的に理解したようでした。

 

そして縮小されたレプリカがもう一つ。

小さなイーゼルと一緒に。

玄関に飾りました。

 

 

 

 

表彰式がコロナで中止になったため

スペシャルムービーがかわりに。

まるで表彰式に参加しているようなムービーになっていてその中に

なんと審査員の城戸真亜子さんが

あまねの描いた絵にコメントしてくれています。

 

「割貝亜麻寧さん、おめでとうございます。

透明感のある背景のなかに

ガシッとすごく力強い木が描かれていて

すごく印象に残る作品でした。

黒一色で表現していったということも

すごく勇気があったと思いますし

根気もすごくある。

ここは まあいいや。

という感じがないんですよね。

どこもしっかり描かれているんですけれども

背景の透明感のある色彩の重なりによって

息苦しさが全く感じられない。

むしろのびのびときもちいい

清浄な空気を感じるような作品になっていますね。

 

割貝亜麻寧さんにはこれからもすてきな世界を

作っていただきたいと思いますので

たくさんいろんなアイデアを

絵にしていってほしいなと思います。

期待しています。」

 

感動です!!母が。

城戸真亜子さんがどれほど有名な方か。

よくわかっていないようだったので

ネットで城戸真亜子さんを調べて見せてあげました。

 

そして前回ブログの最後にもかきましたが

新聞広告にも掲載されたんですね。

12/19〜21にかけて

全国紙をはじめ地方紙にもかなりたくさん掲載されました。

 

母はまず19日土曜日に早くみたくて

コンビニを3軒はしごして毎日新聞を。

20日日曜日に他の新聞もやっぱり見たくなって

朝日新聞を購入。

 

 

娘、すごいです。

親バカすみません。

母は感動しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

まーこっちはこれから期待します(笑)

パーマリンク | 城戸真亜子さんからのコメント はコメントを受け付けていません

ディズニーに行きたい思いで

毎年夏休みに小学校から

ドコモ未来ミュージアム」の

絵画コンクールの案内がきます。

 

日本全国の未就学児から中学生までを対象にした

全国規模の絵画コンクールです。

いつか1位のゴールドがとれたらいいよね。

なんて話していました。

 

今年はコロナの影響で

夏休みが少なく

絵画コンクールは厳しいかな。

と、思っていたのですが。

 

1位・2位の副賞に

ディズニーリゾートのご招待があって

やっぱりこれを取りたい!!

という思いでギチギチのスケジュールで

なんとか出品に間に合ったあまね(10歳)。

 

 

 

 

昨年もディズニーリゾート狙いで

入選を果たしたものの一歩及ばず。

 

それが今年、やりましたよ。

2回目のチャレンジで

奇跡をおこしましたよ。

 

絵画部門 小学校3〜4年生の部

ドコモ未来大賞シルバー受賞

 

つまり小学校3・4年生の部で

2位を獲得ということです。

 

もー二人で大声だして大喜び!!

で、受賞のお手紙を読むと・・・。

 

例年通りだと表彰式とディズニーリゾートへの

ご招待なんだけど。

 

 

 

「本年度は未曾有の災厄の影響を鑑み、表彰式及び副賞を変更させていただくことにいたしました。」

 

 

 

あー。

そうだよね。

コロナだよね。

 

このことをあまねに伝えると

満面の笑顔が一気に

口がへの字の悲しい顔に。

 

かなりの大作です。

美大出身の私も10歳のこの大作に

賞をとるのは確実だとは思っていました。

 

副賞のことは残念だけど、仕方ないね。

この場で、ぜひみなさんにも見て欲しいです。

 

★ドコモ未来大賞シルバー★タイトル:未来の都市

 

今月19・20・21日にかけて

たくさんの新聞に受賞結果が掲載されます。

そちらもよろしかったらチェックしてみてくださいね。

 

パーマリンク | ディズニーに行きたい思いで はコメントを受け付けていません