ヨーグルト

先日、お客様からお問い合わせをいただきました。

みなさんと共有させていただきます。

 

いきいきBOXを使って

豆乳ヨーグルトを作っている方からです。

 

暑くなってきて

急にヨーグルトがうまくできなくなったそうです。

 

固まらない。

酸っぱい。

シュワシュワする。

 

余談ですけど・・・。

わたし、シュワシュワするのを食べると

「あー発酵してるんだな」

って実感できてテンション上がってしまいます(笑)

 

発酵させる環境の温度が原因と思われます。

いきいきペールBOXでヨーグルトをうまく作るには

18度〜23度くらいの春や秋くらいの気温が

一番うまくできる温度。

 

固まり具合や酸味の程度のバランスが◎。

 

いきいきペールで作るヨーグルトの裏技

として暑いときの作り方をブログにのせていますので

こちらも合わせてチェックしてみてください。

 

 

じゃー、いきいきBOXはどうすればいいか?

 

豆乳に砂糖を入れて人肌に温めて

砂糖を溶かします。

 

溶かしたものをいきいきBOXにいれます。

蓋を軽く載せます。

その蓋の上に保冷剤を載せてください。

 

保冷剤からの冷気は下へいくので

蓋の上にのせます。

 

必ず載せなければいけないものではありません。

溶けたのに気づいたら保冷剤を新しくしてあげる。

くらいの適当で大丈夫です。

 

これだけするだけで

出来上がりのヨーグルトの硬さや

酸味が抑えられるはずです。

 

2点注意してください。

蓋の上で保冷剤が汗をかいて

その汗が蓋のくぼみにたまります。

 

蓋をあける際、その汗がヨーグルトに入らないよう

慎重に蓋を真上に持ち上げてください。

 

1日1回は底の方からよくかき混ぜてください。

 

 

 

ぜひ、お試しください!

 

 

 

 

パーマリンク | ヨーグルト はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。