光と水の妖精と金魚

残暑お見舞い申し上げます。

 

あっという間の、

前回投稿から2ヶ月が経過。

毎日忙しくバタバタ3人生活を送っています。

 

バタつきすぎて正直

写真をとるのが苦痛・・・。

なんとなくブログ更新ができていませんでした。

 

 

 

 

先日、あまねが飼っていた金魚が死んじゃいました。

我が家へ来てからちょうど2年。

小学校へ入って初めての夏のお祭りで

金魚すくいの許可がママからおりた時に連れ帰った

思い出の金魚。

(→その時の様子はこちら

 

 

なぜ死んでしんまったか・・・。

 

水を1ヶ月以上換えなかったあまねをママが怒りました。

 

急いで掃除を始めたため、水道水をそのままいれたんです。

入れ替えてから半日後。

金魚さんが水面に浮いていました。

 

いつもは2リットルのペットボトルに

光と水の妖精を1つ。

そこに水を入れ24時間おいたもので水を交換していました。

 

正しい水の交換は・・・

 

金魚の水は水道水がおすすめです。井戸水や川の水には微生物が多くいるので、さけておきましょう。

水道水には殺菌効果のあるカルキが含まれているので除去する必要があります。1日以上エアレーションを動かして天日干しすれば使用できますよ。

市販のカルキ抜き調整剤を使えば、すぐに使うこともできますよ。

(引用元:https://woriver.com/4316)

 

我が家では天日干しではなく、光と水の妖精水。

あんなに小さいセラミックボールが

大きな働きをしてくれていたのだと

今回は金魚さんの命に変わって教えてもらいました。

 

光と水の妖精を使った水は

見た目、何も変わらないので

果たして効果があるものだろうか・・・?

 

光と水の妖精水でお茶を作れば

水道水よりおいしいのはわかります。

水道水をそのまま飲むより

光と水の妖精水を飲んだ方が美味しいのもわかります。

 

でも・・・。

 

心のどこかでなんとなく

本当に効果ある?

どんな効果?

使い続けるべき?

 

はっきり、くっきりしない

疑問を持っていたのですが

今回はそれを証明できたのではないかと思います。

 

光と水の妖精で作った水は

金魚の命をつなぐために必要な水を作ってくれます。

 

パーマリンク | 光と水の妖精と金魚 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。