腹巻の感想

今日、お客様からお電話をいただきました。

何度か当店をご利用いただいているお客様で

ぼでぃがーど腹巻」を以前購入されていました。

 

腸の調子が悪いようで

頻繁に口内炎ができるそう。

 

口内炎の原因を調べてみました。

●疲労や免疫力の低下
●ウイルスや細菌の増殖
●物理的刺激によるもの
など、原因はさまざまなようです。

 

私はほとんど口内炎ができないので

周りの家族に聞いてみると

「胃腸の調子がわるい時によくでる」

と、いっていました。

 

そのお客様は「ぼでぃがーど腹巻」をつけてから

口内炎が出なくなったと教えてくださいました。

 

腹巻は体を冷えから守るだけではなく

抗酸化の力で内臓に訴えかけているようです。

 

そういえば父の経験ですが

一夏「ぼでぃがーど腹巻」をつけていたそうです。

父は米の仕事をしていますので

米30kgを持ち上げれば一気に汗が噴き出します。

それに作業するところはエアコンなしです。

 

そんな場所で一夏、

腹巻を使い続けたそうです。

ただ使っただけではなく

洗濯しないで!!(笑)

 

どんなに臭かろうに・・・。

一夏分の男性の汗を吸った腹巻は

機能するのか・・・。

考えただけでもぞ〜っとしますね。

 

結果、まったく問題ないです。

臭いしません。臭くありません。

これ、本当です。

 

使うひとの体質によるかもしれませんが

父の汗は抗酸化の作用の一つ。

消臭作用で一夏分の汗の臭いもへっちゃらでした。

 

これからの季節

エアコンに1日あたることになる

という方が多くいらっしゃると思います。

 

最近では冷えから守るため

「白湯」を飲む。という人、たくさん聞きます。

 

冷えは様々な不調を体に及ぼします。

 

そういえば海外でのガン治療は

温熱療法といいます。

体をあたためて基礎体温をあげる。

基礎体温をあげると免疫力が上がる。

 

どちらにせよ体が冷える。ことはよくないこと。

暑い夏にこそ「ぼでぃがーど腹巻」を検討してみてください!

 

 

 

 

パーマリンク | 腹巻の感想 はコメントを受け付けていません。

GW6〜潮干狩り〜

無計画旅行で急遽潮干狩りへいくことに。

なんの用意もしていないので

濡れてもいい洋服とか

あさりをざくざく掘るクワとか

なんにもなくて。

 

ただ車に1つバケツが。

お墓まいり用のバケツですが

拝借しました。

 

じーちゃんは勝手に

この無計画旅行の宿をとった時から

潮干狩りへいく。と決めていたらしい。

だったら早くいってよね(怒)

 

3歳の子供相手なので

着替えだけはたくさん持っていたので

救いだったかな。

 

いざ行ってみると

すごい人。

ごった返してて

こんなんで掘るところあるの???

って思っていたら

 

実際に海へでると

パラパラにしかならなくて。

 

あさり、掘りたい放題でした。

 

こどもたち、

初めて1つみつかると

大喜び。

 

 

 

 

「ママー!みてーー!!」

と必ず報告。

あまねと怪獣からの

報告の嵐で最初の30分は

私は相槌をうつのみ。

 

30分もすると落ち着いて。

だれが大きいあさりをとったとか。

これは小さいから食べちゃかわいそうだとか。

 

最後にはあさりじゃなくて

カニ探しに夢中の二人。

ばーちゃんと私で

大きいあさり探しに夢中でした。

 

肝心のじーちゃんは

足が冷えるのが嫌なので

浜には降りず。

ずーーっと入り口付近で待っていてくれました。

わるいなー。とは思いつつ、

御構い無しに100%楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

とれたあさり。

なんとなくハマグリ?っていうのもあった。

 

でもね怪獣とあまねと私。

あさり大の苦手。

 

すべてじーちゃんばーちゃんに

お渡ししましたとさ(笑)

パーマリンク | GW6〜潮干狩り〜 はコメントを受け付けていません。

GW5〜マザー牧場〜

GWのメイン企画、マザー牧場です。

嵐の予報でしたが

なんとか雨も降らず。

ふんばってくれました。

 

そのお陰でガラガラのマザー牧場。

「こんなGWみたことない」

とスタッフの方が言っていたくらい

混雑知らずの牧場でした。

 

・バターとチーズ作り体験

・乗馬体験

・トラクター乗車体験

・ジンギスカン鍋

・動物ふれあい

・ぶたレース

・ソフトクリーム

・お土産

 

どれもこれもワイワイしながら楽しかった〜!

 

あまねのメインは

ぶたレース。

 

希望する3歳以上のこどもたちから

抽選で選ばれた人だけが参加できるレース。

ぶたをおいかけてペンペンして

早くゴールまで行けた人が勝ち。

 

本当は怪獣も応募してたんだけど

抽選もれで参加できず。

悔し泣きでした。

 

ペンペンしてもなかなか進んでくれない

気まぐれなぶたさん。

あまねはレースだから必死にペンペンしてるんだけど

ぶたにとっては毎日のことだからね。

 

それを遠くから見てると面白い。

必死なのに相手にしてくれない関係が(笑)

 

 


 

 

怪獣が今まで私の後ろに隠れて、何かを積極的にやる。ってことがなかったんだけど

このGWはどこへいっても積極的。

 

ぶたレースにしても

乗馬体験にしても。

物怖じせず堂々と

「僕、やりたいです」と宣言できるようになりました。

 

愛らしい笑顔と

エンドレスな食欲、

徒歩知らずの常にダッシュは相変わらずだけどね。

 

 

 

 

私的にはお土産の品。

たくさんの試食がでていたのだけど

どれもこれもおいしい。

遠慮なく子供達と試食して

サブレーやまんじゅうやジャーキーやパン。

色々購入して家でもまだまだ牧場を楽しみました。

パーマリンク | GW5〜マザー牧場〜 はコメントを受け付けていません。

GW4〜いちご狩り〜

マザー牧場とバイバイしてから

唯一予定していたお宿へ。

 

1日目終了してから

明日何しようか、宿に置いてある雑誌をみたり

パンフレットを見たり、

ネットで調べたり・・・。

 

お宿の方へ聞いたら

潮干狩りかイチゴ狩りかな。

って教えてくれて。

 

いちご狩りへいったら

怪獣が喜ぶのは間違いないな。

ってことで

あまねとママは2回目。

怪獣は初体験のいちご狩りへ。

 

朝起きてから2軒ほど電話したのだけど

予約でいっぱいです。とか

9時過ぎには終了しちゃいます。とか。

さすがGWでした。

 

行き当たりばったり。

1箇所だけ決めて

車を走らせてみると・・・。

 

運良く、OKのお返事をいただきました。

 

制限時間30分。

短いと思ったけど

もーパンパンに食べ尽くしました。

 

スーパーで買ういちごより

断然甘い。

赤く熟すまで木についてるから

本当に甘い。

 

スーパーのは

輸送時間も考えて

店頭に並ぶ時に赤くなるように

早めに収穫しちゃうから

本当に熟したいちごじゃないんだよね。

 

 

 

 

もーコンデンスミルクなんていらない。

ちょー甘くて

ちょーおいしくて

ちょー楽しかった!!

 

怪獣は大きい赤いの狙い。

あまねはじっくり1列制覇ではなく

浅く広く全列制覇。

 

糖質満点のいちご。

食べちゃいけないじーちゃんは

我慢できずパクパク。

 

ばーちゃんは小粒の真っ赤狙い。

 

皆それぞれ個性を出しながら

食い尽くした30分でした。

 

 

パーマリンク | GW4〜いちご狩り〜 はコメントを受け付けていません。

GW3〜暴走のむら〜

GWのイベント3個目。

イベント1個目イベント2個目もあわせてごらんください。

 

ジジ、ババと一緒に

房総のむら」へいってきました。

 

 

 

 

昔の街並みへタイムスリップ。

江戸時代の街並が再現されそこで

色々な体験がリーズナブルな価格で体験できます。

 

年齢的にまだ早いかな・・・。

楽しめるかな・・・。

と、心配していましたが、

なんのその。

心配無用でした。

 

千代紙から好きな部分をハサミで切り取り

それをロウソクにはりつけ

最後に全体を熱いロウのなかにつけて

コーティングします。

 

 

 

 

 

以外とみんな集中してくれて。

予想外に怪獣が積極的。

積極的すぎてサポートのババがあたふた。

あまねも色々考えて

自分の思う形を切り取り頑張りました。

 

それから最中の皮にアイスクリームをはさんで

最中アイスの実演体験。

 

それから絵付け体験。

皿に自分で好きな絵を描いて

窯で焼いてくれて後日郵送してくれる。

 

これもすごい集中力で

みんな完成させてくれました。

ここでも怪獣が

「やりたい!」が先走り

一緒に手伝っていたババの予定がぐちゃぐちゃに。

ババが予定していたお魚の絵は

多分・・・。

怪獣の落書きできえたことでしょう・・・。

 

5月末に焼きあがってくるので

またその時にご紹介します♪

 

大きな鯉のぼりに戯れ

シュワシュワのラムネで元気付き

最後に大きなソフトクリーム。

 

 

 

 

 

 

なんだかね、ソフトクリームの機械が故障していて

バカみたいにクリームがでてきちゃって。

 

お店のおばちゃんも笑いながら

私にはどうしようもできないわ〜って

叫びながら、みんなでお腹抱えて笑いながら

ソフトクリームを作っていただきました。

 

「サービスだと思って!」

っていって渡されたソフトクリームは

かるーく2倍盛り(笑)

 

暑かったのでどんどん溶けちゃうし、

写真撮る余裕がなかったのです(泣)

 

3つ目のイベントも無事終了。

「暴走のむら」でした。

パーマリンク | GW3〜暴走のむら〜 はコメントを受け付けていません。

GW2〜お好み焼〜

世の中ゴールデンウィーク初日。

だけど、仕事と怪獣の保育園は通常どおり。

あまねだけお休みで暇していたので

夕食は大サービス。

 

インドでお好み焼パーティーをするという情報が入り、

それならばここ日本で本格的に作ってみよう!

ということに子供達と話がまとまり。

 

家族3人、お好み焼を食卓の上で焼いて食べる。

シンプルな食事スタイルなのだけど・・・。

 

 

 

 

 

いつもは私も余裕がないので

キッチンにはあまり立たせないのだけど。

こんな時は大きく受け止めてあげて

小さいことは気にしない。

 

みんなで一緒に作って

おいしー。っていって食べることに意味がある。

そんな風に考えてたまーにやっています。

 

材料を買いに行くところから

3人であーでもない、こーでもない。

こっちのほうがいい。あっちのほうがいいよ。

ってガヤガヤしながらやっと揃って。

 

家に到着してから

青のり忘れた〜

イカ忘れた〜

卵床に落としちゃったーとか

 

キャベツが太くても

ちょっと水が多く入った生地でも

天かす入れすぎても

まーまーOK!

 

材料を粉と水でまぜて

プレートで焼くだけ。

難しいことや、こだわりはいらない!

 

二人に作業をさせて

私は何か問題が起きた時だけ助け舟をだす。

あとは見守ることに徹する。

 

 

 

 

 

いいたいことは封じて

笑顔を忘れず

ダメじゃなくてこうするといいよ。

ってアドバイスして。

 

 

 

二人とも真剣に作ってくれて

紅生姜ってなに?

とか

お好み焼って誰が考えたの?

とか。

色々興味を持ってくれて

質問が多く飛んだりして。

ちょっと食育授業できた感じで。

 

 

たまにはこんなディナーもいいね。

 

 

 

GW初日、

「100点満点はなまる!」

子供達からいただきました。

 

 

パーマリンク | GW2〜お好み焼〜 はコメントを受け付けていません。

GW1〜おたまちゃん〜

 

 

もう何回目かな・・・?

毎年恒例になってしまった

春のおたまじゃくし探し。

 

あまねが3歳くらいの時から

毎年毎年、会社近くの田んぼへ

おたまじゃくしを探しに行って。

 

ゴールデンウィークに

ちょっと空いた時間に探しにいくのだけど

今年は特に早かったみたいです。

 

この時期は

どこも農家さんは田植えで忙しくしていますが

今年はまだ田んぼに水が入り始めたばかり。

田植えが終わっているのはほんの少しでした。

 

田植えが終わってしばらくすると

おたまじゃくしを発見できる確率が高くなるのだけど

今年は探すまでもなく・・・。

 

カエルさんがいたり

ザリガニが脱皮した皮を発見したり

メダカを発見したりで終了でした。

 

なぜ、おたまじゃくしを始めたかというと・・・。

 

いきいきペール」でおたまじゃくしを飼うと

1年は変体しない。

という信じられない現象が起こるらしいのです。

 

カエルが卵を産んで

おたまじゃくしになり

手がはえ、足がはえ

カエルにその姿を変化させていく。

 

変体する=老化する。

ということらしいのです。

 

老化は活性酸素が原因です。

「いきいきペール」は老化の原因となる

その活性酸素を除去し

老化を遅らせるのです。

 

だからいきいきペールでおたまじゃくしを飼育すると

いつまでもおたまじゃくしのまま。

ということになります。

 

これは仮説ではないです。

実際に実験された記事がコチラ

 

 

この実験から

抗酸化溶液を使われた空間にいる人間は

老化をしないことになります。

 

ちょっと嘘みたいですよね。

 

この記事を私がみて

「まさか、そんなことが世の中にあるとは」

と、信じられず。

ならば自分で体験してみよう!

と、思ったのが始まりでした。

 

今では怪獣が仲間に入り

いきいきペールで実験をする。

ということよりも

生き物を飼育する。とはどんなことなのか。

そちらの意味の方が強くなっています。

 

あまねはおたまじゃくしを飼育して

何匹かカエルになるまで

毎日お世話することができたので

1年生の夏に金魚を飼い始めました。

 

いまでも1週間に1度

必ず自分から水をかえ

毎日話しかけて餌を与え

大事に育てています。

(そのおかげでこの春、産卵を始めました)

 

怪獣も金魚や犬が欲しい。といいますが

まずはおたまじゃくしから。

きちんとお世話できたら

次のステップへ行く予定です。

 

パーマリンク | GW1〜おたまちゃん〜 はコメントを受け付けていません。

誕生日

30代最後の誕生日を先日無事迎えました。

怪獣はじーちゃん家へお泊り。

あまねと二人だけの静かな誕生日。

 

考えてみると自分の誕生日に

自分が写真に写ったのっていつ振り??

あまねが写真をとってくれました。

 

誰の誕生日でもケーキを食べる姿がかわいくて

写真に収めていた子供の写真。

そこには自分の姿はなく

撮ってくれる人もいないので

これでOK!にしていたけど。

 

今年はあまねが「ママ写真撮ってあげる。」

っていってくれたので

収まってみました。

 

 

 

 

 

本当はみんなの誕生日ごとに家族写真が撮りたいんだよ。

 

子供達が大きくなったらそれも叶うかな・・・

 

パーマリンク | 誕生日 はコメントを受け付けていません。

深遠スプレー(続4)

さんらいすにきていただいているパートさん。

小学生1年生の男の子を子育てしながら

毎日きていただいています。

 

 

 

 

毎日一緒に働いていると

その日の体調とか、精神状態とか

だんだんわかるようになってくるんです。

 

「今日どうしたの?」

ってたまに気になると聞いたりするんだけど。

 

 

「こどもがね・・・」

とか

「旦那さんがね・・・」

とか。

色々な悩みや心配事がでてきたりするんだよね。

 

それを同じ子育てママとして

聞いたり、話したり、時には相談に乗ってもらったりしちゃって。

私がたすけられちゃってる時も多々あって。

 

つい先日のこと。

深遠スプレーについて色々な情報が

我が社に入ってくるわけで。

もちろんパートさんの耳にも入るわけで。

 

それで興味を持ってくれたみたいで

深遠スプレーを1本お買い上げいただきました。

 

私がこの深遠スプレーを毎日、

朝晩ッシュ!ってするようになってから

気持ちが穏やかになった。イライラしなくなった。

経験があったので

冗談半分で

「旦那さんの頭にッシュ!ってしたら

旦那さんイライラしなくなるかもよ。」

って話していたんです。

 

使い始めて1週間くらいかな。

パートさんから

「旦那、イライラしないのー。

子供に怒らなくなったのー。」

って教えてくれました♪

 

「最初は将来の旦那の髪の毛のためにシュッシュしてたんだけど

最初の二日は私が頭にやってあげて。

そしたら次の日からは、これやるとイライラしないんだよね。って

旦那本人が話しながら自らすすんでシュッシュしたのー。」

 

旦那さん、たぶんお仕事で疲れちゃって

家へ帰ってくると家族へイライラしてしまう。

子供が起きていると、子供にあたってしまう。

それを旦那さん本人が自覚しているけど

止められない時がある。

 

パートさんはそれを悲しく思って

でも疲れていることもわかっているから

強く言うこともできないみたいで。

 

旦那さんが帰ってくる前に子供を寝かしつけたり

円満に行くように毎日努力していたんだよね。

 

よかったよかった。

やっぱり家族は笑顔でいられるのが

一番だものね。

 

このスプレー、痛みが和らぐ報告がたくさんきていますが

それだけにとどまらず

家族をも救うスプレーのようですよ。

パーマリンク | 深遠スプレー(続4) はコメントを受け付けていません。

インド4-パン事情

インドはもともとイギリスの植民地だったこともあり

パンはどこへいっても不自由しないで食べることができました。

 

パスタやサラダにバケットつき。

コックさんのラムさんが作ってくれた朝食も

サンドイッチでした。

 

 

 

 

今回の旅は子供目線での食事情の確認もあり

辛いカレーばかりではなく

パンを食べられるということが

とても幸運でした。

 

ただね、イギリスのパンというのは

日本のようにふわふわできめ細やかで

しっとり、モチモチ。

というパンではなかった。

 

リーンなパンを

トーストしてカリカリにして

バターやおかずと一緒に食べたり

サンドしたりする。

 

スーパーに売っているパンも

見た目はそんなかんじのパンばかり。

 

小麦粉自体も

日本の「はるゆたか」とか「キタノカオリ」とかと

大きく違って甘みやグルテン量は少なく

もっともっと素朴な感じ。

 

また全粒粉を使っているパンも

多く出会いました。

 

リーンなパンが苦手な怪獣は

ちょっと困っちゃうかな。

大きくなってもっともっと顎の力が発達すれば

問題ないのだと思うけど。

 

私はリーンなパンや

ハード系が大好き。

終始幸せタイムとなりましたが

日本に帰ってから早速作ったパンは

湯種食パンとクリームパンでした。

もーこれは日本の文化です。

 

 

 

 

ただこうなるとインドでパンを焼くことに

グッと意味が出てくると思うので

大理石でパンをこねるのが今からとても楽しみ。

 

ふわふわでモチモチで

しっとりして、ほんのり甘いパン。

 

たまにはみんなでこねて

焼きあがる前のオーブンに家族皆でへばりつきたい!

 

ポカポカのおてんとさまに

見守ってもらいながら皆でこねられたら

ほんとしあわせ〜。

 

 

 

パーマリンク | インド4-パン事情 はコメントを受け付けていません。